TokujyuuJapanが考える太陽光発電ビジネる

ホーム > トクジュウジャパンが考える太陽光発電ビジネス

トクジュウジャパンが考える太陽光発電ビジネス


益々深刻化する地球温暖化問題に対する取り組みは世界共通の課題です。その中で太陽光発電は大きく注目を集めていて政府の介入による補助金や買取制度の助けもあり急加速で普及しています。そんな情勢の中でソーラーパネルを製造する工場や販売を手掛けるメーカーが日を追うごとに増えています。そして価格競争も日々激化しています

しかし世界的に製造工場があまりにも増えすぎて供給過剰に陥るのはもはや時間の問題です

太陽電池では主要各国で民間による認証機関があり、強制ではありませんが任意で認証を受けている事が品質への証になっていますので専門知識が無くてもある程度は品質判定が可能です。世界で認められた太陽光発電関連商品がどんどん日本へ進出しています

特に10kw以上が対象の産業用設置の場合目的は収益です。となればより変換効率が良く(限られた敷地で可能な限り多くの発電量を得たい)少しでもコストを下げて設置する。つまりは如何にコストを下げて早期回収が出来るかに焦点が絞り込まれます。これらの事実から高品質で安く仕上がる海外製品を選択するのは当然の結果です。保証も充実して来た背景を考えますと益々海外の高品質製品が普及して行くものと思われます

工場や技術力は無くてもエンドユーザー様のニーズを的確に捉えて工場と提携を結び、全く新しいコンセプトを注入した次世代のオリジナルソーラーシステムを発売する会社がこれからは増えて来ます

どれだけエンドユーザー様のニーズにお答えするシステムを考案し商品化するかそしてどれだけ敏速に対応出来るか。トクジュウジャパンではこれらにウェイトを置いています


時代のニーズをいち早く捉え実行に移したのがトクジュウジャパン


弊社ではソーラーパネルを筆頭にパワコンも世界を探索し高品質の商品を日本でご紹介しています。弊社が工場直接にこだわる理由の一つは低価格を実現出来ると言う事ですが、更に大きな理由は常に時代を先取りするオリジナルの商品を製造する事にあります

工場を持たずに製品を開発すると言う事は柔軟に対応出来ると言う事につながります。ひとつの工場にこだわれば設備の関係でその設備に沿った商品しか作ることが出来ません。しかし工場を限定しなければ新しい商品の製造が可能な工場に依頼をする事が出来ますので工場側でも新しく設備投資をする必要がなく常に新しい商品を敏速にしかも低価格でご提供させて頂く事が可能になり工場・メーカー・販売店さん及びエンドユーザー様にとっても非常にメリットがあります

弊社では今までにない全く新しい考え方を取り入れたソーラーパネルやインバータ及び蓄電システムの開発に向けて既にプロジェクトの立ち上げに動き始めています

勿論新しい取り組みですので必ずしも成功する訳ではありません。しかしそこには”次の時代を担う”と言う大きな大きな責任感と楽しみがあります


モノづくりへのこだわり


弊社は元々家を建てる建築屋で御座います。建築に於いては仕様からデザイン迄全て手掛けます

だからモノづくりへのこだわりは尋常ではありません。未だに職人気質が弊社には根付いており工事に関しては徹底しています

そして弊社提携施工店様にもご協力頂き、各チームの職人さんが集まって管理や定期的なミーティングを行い常に品質やマナーの向上に努めています

各業者様が密に打ち合わせや改善策に力を入れる事によって工事品質の向上につながる数少ないやり方である事を私たちは良く知っています。弊社では世間一般に行われている研修によるID取得制度は設けていません。形だけの制度よりしっかりとした中身を充実させる事に重点を置いています

モノづくりへのこだわりはこんな所にも活かされています

それは木を知り尽くした工務店ならではの品質10年を保証した天然木製の架台を開発販売しています。独自の工法により基礎工事にかかる費用が大幅に削減出来る事にも成功しています


トクジュウジャパンの存在意義


新しい商品システムの開発や導入と並行して設置コスト削減の両立。弊社でしか成し得ないトータルソリューションレベルでのシステムを追求して行くその先にこそトクジュウジャパンの存在意義があると思っています

ページトップへ