太陽光発電の仕組みについて

ホーム > 太陽光発電の仕組みについて

太陽光発電の仕組みについて

家でも工場でも環境への取り組みが既にはじまっています

1.電気の作成

太陽電池で太陽光を受け電気をつくり、発電した直流電流をひとつにまとめパワーコンディショナーへの供給を行ないます

2.電力へ変換

直流電流を家庭で使える交流電流に変換し、作動状態・発電量を常時計測し、データを表示ユニットに送り、発電・売電量などを分かりやすくお知らせします


3.電気を使用する

交流電流に変換された電気を部屋内の家電製品等で使用します

4.売電

昼間の発電時に家庭でご使用後、余った電気は電力買取制度によって自動的に売電へまわされます


ページトップへ