太陽光発電架台 グランドスクリュー基礎工事

ホーム > グランドスクリュー 太陽光発電架台基礎

グランドスクリュー杭・太陽光発電架台基礎

グランドスクリューとは大きなねじを専用機器で地面にねじ込む工法で、コンクリート基礎並みの引張り強度を実現しながら低コストでの設置工事が可能です。解体時も簡単に撤去が可能な為に今日多くの太陽光発電設置現場で採用されています


作業風景

1・グランドスクリューの天敵である石を丁寧に取り除いています

2・杭を特殊な機械で地中に埋め込んで行きます

3・引き抜き検査をします

通常N値4程度の地質では単管打ち込みの場合600kgfから1000kgfの引っ張り強度がでます。これに対して今回のテストでは石を取り除くのに掘削したにもかかわらず1600kgfの数値が出ました。この様にグランドスクリュー杭は引っ張り強度に於いて非常に優れています

製作協力 BOK

4・レベルとボルト穴の位置を調整して完成です。杭の上にアルミ架台がしっかりと固定されています

オリジナル特殊構造、丈夫なフレームのアルミ架台と一緒でのご検討は更にお得。詳しくはこちらアルミ架台(太陽光発電)をクリック


グランドスクリュー杭詳細図

しっかり感のグランドスクリュー杭

トクジュウジャパンのグランドスクリューの特徴は何と言ってもフランジの厚みです。通常8mmですが硬質な土質に考慮して10mmを採用しています

さらに本体の厚みに至っては通常の3mmではメッキ処理後の厚みを表記している商品が多い中、トクジュウジャパンではスチールの厚み段階で3mm厚を採用していますのでしっかり感が違います

サイズは1600mmの他に1400・1800・2000mmタイプも御座います


グランドスクリュー杭仕様

グランドスクリュー杭

グランドスクリュー杭基礎工法
標準サイズ1600mm 外径76mm
溶融亜鉛メッキ
メッキ処理はGB標準に従って生産しています

設置に当たってのご注意事項

設置にあたりましては以下の事項にご注意下さい
地質が岩盤や石が地中に多く埋まっているヶ所への工事は注意が必要です
基礎作業中に石等硬質物によってグランドスクリューが入り込まないヶ所に関しましては位置をずらして杭を打ち込む又大きな石等で位置をずらしても打ち込めないヶ所は工夫が必要です


太陽光発電の事なら何でもご相談下さい 0120-914-860

架台がセットになった太陽光発電のカスタマイズキットのご提供はこちらカスタマイズキットをクリック

トクジュウジャパンが考える太陽光発電ビジネス
ページトップへ