太陽光発電のアルミ架台のご紹介

ホーム > 太陽光発電のアルミ架台

夫な太陽光発電のルミ架台

トクジュウジャパンのオリジナルソーラーアルミ架台はあらかじめ工場でおおまかに組み立てられているので現場での施工短縮に力を発揮します。又細部にわたり無駄が無く構造もしっかりとしています


架台構造

上からの圧に強いレール構造


トクジュウジャパンオリジナルアルミ架台はレールの構造に特徴があります。単なる4角形でなく上からの圧に対して反りや曲がりに非常に強い構造になっています


柱間をつなぐしっかりプレート

柱間を固定するプレートは厚みを持たせ3点支持。下部に至っては4点支持によって全体を強力にサポートします


パネル固定金物

ソーラーパネルの固定金物にもひと工夫

1・
パネルにあたる部分はすべりを抑止する為にギザギザが施されています

2・
固定金物自身が将来的に揺るんでしまう事が無いよう底部分に緩み止めのスプリングを入れています



とにかく組み立てが早い!

柱出荷イメージ

柱は工場であらかじめ組み立てられた状態で現場に搬入するので

組み立てイメージ

柱を広げて基礎に固定するだけの簡単作業


完成イメージ

パーツが無駄なく絶妙に絡み合って最高のパフォーマンスを発揮し、あっと言う間に完成します

*アルミ架台は予告なく仕様を変更する場合が御座いますが予めご了承下さい



架台構造を決めるにあたっての基準風速について

F(藤田)スケール

日本での各地域の風速基準値は概ね風速30~40m/sです。しかし日本の最近の気象状況を見てみますと竜巻の被害が発生しています。耳慣れない言葉ですが風速を計測するのにF(藤田)スケールと言うのが御座います

2013年9月。埼玉県で起きた竜巻

ごく最近では2013年9月に埼玉県で竜巻が発生致しました。この竜巻はFスケールで階級レベル2と発表されました。下図でお分かりの通り風速では50~69m/sです。これに対してこの地域の基準風速は34m/sです

基準値の2倍弱の風速の竜巻に見舞われた事になり、全国の基準値を見ても大きく上回る風速になっています。従来では考えられない風速が全国の至る所で起きる可能性を秘めています。これらを踏まえた上で架台構造の見直しも大事かと思われます

Fスケールの基準階級

階級

風速(m/s)

F0

32未満

F1

33~49

F2

50~69

F3

70~92

F4

93~116

F5

117~141

F6

142~169


太陽光発電の事なら何でもご相談下さい 0120-914-860

架台がセットになった太陽光発電のカスタマイズキットのご提供はこちら”カスタマイズキット

ページトップへ